--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳コピと編曲。

2010年02月21日 02:05

学ぶは真似ぶ。まねぶはまなぶ。
学問何事も最初は真似から。
コード→メロ、メロ→コードがなんとなくできるようになったので、作曲の第一関門にはなんとか辿りついたと見える。
しかし、自分は今まで編曲をナメていた。
気づいたんだ。「曲を作る」の70%は編曲でできていたということに。
メロ:コードが人によりけりで20:10か10:20、であとの70が編曲。
編曲で、曲は化ける……(←東方で経験済み
これは経験値積むしかあるまい、と耳コピを再開することに。
目的→曲の中でどんな楽器がどのように使われているかを知る
まずはピアノ1本の簡単な曲から。ピアノだけでもアレンジは山ほどある……。
最近カラオケに行くと、カラオケ音源のドラムばかり気になってしまう。
カラオケ音源は低音が良く聞こえるので、ドラム聴くにはとてもいいと思う。
個人的に「雨を連れゆく」のドラム全般、「炉心融解」の「時計の~」あたりのバスドラムがすごく好き。
要は安定型アンパンマンのおかげでドラムに目が……じゃない耳がいくようになったわけだが。


耳コピの際にもただ音をコピるだけじゃなく、いろいろパラメータいじって元の音源に近づけてみることに。
ベロシティとか音の入り(ゲートだっけ)を適当にいじってみる。これで印象は変わる……気がする。
ベロシティはわりと分かりやすい。ゲートずらし過ぎると気持ち悪いが……
人間が拍子どおりに演奏しようとしても少しずれるってのは分かるが、それを数値として意図的に出すというのは難しい。
ピアノだと静かな曲はもったいつけて弾くのが好きだけど、それをゲートで表現するとその後がどうしても詰まってしまう。
ピアノロール全体は広げられないし。
難しい……。
弾いたことある楽器でさえこれだ。ギターとか絶対分からん……。
近くにギター弾いたことあるやついねがー。


現在耳コピ&楽器全聴きと並行して曲作り中。
というかこの3つで、気が向いたやつに取り組むという感じ。
楽器はギター系まで終わった。聴いてみて思ったことを楽器一つずつメモってるが、そろそろメモの内容にやる気がなくなってきたw
一気にやらなくてもいいから、まったりまったり。
耳コピはピアノ1本の超シンプルで短いやつを1曲終わらせた。ベロシティとゲートをいじった。
いちいち数値変えるのめんどいが、ベタ打ちと聴き比べると機械っぽさが若干薄れててちょっと楽しい。
曲作りは、メロディとコードができた。今回はメロ先。
コードはメジャーとマイナーばっかで、たまにセブンスが出てくるくらい。サスとかはまだ使い方が分からん。
あててみたコード進行が我ながら聴いてて気持ち良かったりする。
途中で転調しまくってる。と思う。キー確認しながらはやってないから分からないww
最後に意識的に転調したけどそれ以外は。
コードはメロディに合いそうなのを感覚でつけていく感じ。どうしようと迷ったら2度上、3度下、4度上を参考にするがこれも参考程度。どうしようもなくなったら片っ端からコードあてていくというローラー作戦。非効率なことこの上ないww
メロの下に置きたい音が出てくるときもあるが、それがルート音なのかコードの3つ目の音なのかが分からない。ルート音変えてコード重ねるのもできるし。
まぁ、あとでちゃんと進行表作って分析してみよう。
コード進行勉強する意味でも耳コピは役立つ。でもこないだ終わらせたやつはあんまり意識しないでやってしまったな←
で、メロとコードは終わったので今から編曲。さて、どうする……。
まずはどういう曲にしたいか、イメージだな。それから、使う楽器を決めて。
某所には、イメージに近い曲を10曲見つけてきて聴きこむといいと書いてた気がする。よし10曲探してくるか。
あ、その前にイメージイメージ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mmlaurant.blog58.fc2.com/tb.php/6-5a35a6c0
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。