--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器くらべ。

2010年02月17日 10:03

勉強のために色んなサイト見て回ってるが、また新しいサイトをブクマに追加した。

★超初心者・MIDI/DTM入門講座★

作曲講座というよりは、MIDI・DTMの何たるかを解説したサイト。
まだMIDIシーケンサ編途中までしか読んでないが、MIDIを使って作曲するにあたり必要な知識が載ってる。
DTMというのはパソコン一つでいくつもの楽器を使って音楽が作れるわけだが、それ即ち「いくつもの楽器」についての知識がないと扱いきれないということ。
パソコンにデフォで入ってる音源でも128種類の音色がある。自分が思い描く音を的確に表現するためには、できるだけ多くの楽器を知る必要がある。
ということで、数日かけてPC内蔵音源の音色を全て聞いてみることにした。
ついでに最近導入した新しい音源の音色も同時に検討。
使いたい楽器が具体的にイメージできていてもその楽器についての知識がないと、音楽が不自然になってしまう。
こないだできた曲では高音のピアノを使ったが、全パート揃えて聞いたときにそこだけ妙にパンがずれているのが気になって真ん中で鳴るように調整した。
でも後で気付いた。もともとピアノは横長の楽器。奏者からみて低音は左で鳴り、高音は右で鳴ってるはずなんだ、本物なら。だからパンを真ん中にしても右にずれて聞こえたわけ。
例えばドラムも、4拍子は「強・弱・中強・弱で叩く」ってことを知っててきちんと調整したら無味乾燥なドラムになることはないだろうし。
「味気ない音楽」にしないためにも、楽器の奏法の知識とかはやっぱり必要。
使いたい楽器を実際にやってる友人・知人がいたらいろいろ聞いてみるといい。
もちろん自分がやってみるのが一番だけど、限界あるし。値段と時間と体力的に。
個人的には笛とアコーディオンがやりたい。笛は笛でもホイッスルと篠笛。そしてリコーダー。
クラリネット・ユーフォニウム・チューバ・バイオリン・フルート・ハープなら友人・知人にやってる人がいる。若干の例外で能管やってる先輩がいる。
こういうときは吹奏楽とかオケサークル・バンドサークルの人が強いなと思う。コーラスは基本歌、楽器はピアノがせいぜい。



今、13番マリンバまで検証終了。音源・高低によっても音色が違って面白い。
ちなみに上のサイトは今自分が使ってるソフトで解説してるので非常にありがたい。



作曲に手を出してまだ1ヶ月未満だが、これまでのことは回顧録として覚えてる範囲で記録しようと思う。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mmlaurant.blog58.fc2.com/tb.php/5-83d09681
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。