--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンドフォント増やす。

2010年04月28日 07:12

今使ってるサウンドフォントでも結構満足してるんだが、暇なので新しいサウンドフォントを入れてみることにした。
(以下、SF=サウンドフォント。)
ググったけど、結局最初のSFをDLしたサイトから「Fluid R3」なるものをDL。
説明書きの通りにファイルを復元して、Zip解凍して……っと。
しかし、解凍して出てきたファイルを見ても拡張子が「.sf2」のファイルが見当たらない。
SFとして使えるのは拡張子が「.sf2」のファイルなんだが……
ここで、このサイトの一番下にある説明を読む。
今回解凍して出てきたファイルの拡張子は「.sfArk」。
これをさらに解凍しないといけないらしい。
リンク先に飛ぶ。このページ。英語orz
ここで挫けずGoogle先生の微弱な翻訳力を借りつつ読む。
まず飛んだ先のページ、上から4行目「If you're looking for sfArk~」という行の「go here」←hereにリンクがあるのでクリック
なんかいっぱい書いてあるけど、下らへんに四角で囲ってある「sfArk features:」の下にある「Download(509kb)」をクリック→EXEファイルがDLされる。
EXEファイル開く→規約に同意したりしつつ、ソフトをインストール。
インストールされればおk。DLしたファイルは、一応セキュリティソフトでスキャンしておく。
ここまでやれば、「sfArk」というソフトがインストールされる。説明書きも英語だからよく分からんが、「.sfArk」形式のファイルを解凍するソフトらしい。
早速さっきDLした.sfArk形式ファイルを解凍してみる。
ソフト「sfArk」を起動すると、こんな感じ。

スクリーンショット sfArk

上のファイルを開くアイコンをクリック、開くファイルを選ぶ。すると下の「Selected File」のとこに選んだファイルが表示される。
そしてStartをクリックすると、ファイルの解凍が始まる。
解凍すれば、sf2ファイルが出来る。これで組み込むことができるというわけ。
.sfArkというのはおそらく.sf2ファイルの圧縮形式。所謂Lhaplusみたいな解凍ソフトが、この場合のsfArkに当たるんだろう。

解凍できたところで、これをTiMidoty++に組み込む!
そういえばTiMidity++の設定画面、以前出てこないみたいなこと書いてたけど、
timidityフォルダ内のbinフォルダにある「setwindrv」、これを起動すれば設定画面出てくる。
さっき解凍したSFはtimidityフォルダ内の「musix」フォルダに入れておく。
あと、実は必要なのがCFGファイル。よく分からんが、これを用意しとくとたぶん幸せになれる。
CFGファイルを生成するのにお世話になったのがここ
TiMidity++でのSFの使い方など、ひじょーに分かりやすく書いてくれてるサイト。
(「Timidity++さんとのお付き合いその2。」でもこのサイトさんは紹介済み)
ここの管理人さんが作ったソフトで、簡単にCFGファイルを作ることができる。
ということでSFとCFGファイルをまとめてmusixフォルダに突っ込んでっと……

なんとか成功!
今回DLしたSF「Fluid R3」はGSとGMがあったんだが、Timidity++で使う場合はGMしか使えないっぽい。
GSは入れても音が鳴らなかった。
聞いてみた感じとしては……
ピアノが強い。元気な感じ。ずっとフォルテで弾いてる感じw
フルート系・バイオリン系あたりは若干微妙かも……と思ったが、全体的に音が元気で強い感じなのでシンセ系なんかは割と使えるんじゃないかと。
サウンドフォントはこうやっていくらでも増やせるのが魅力。これからもお付き合いよろしくねー
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mmlaurant.blog58.fc2.com/tb.php/21-52aef176
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。