--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Timidity++とのお付き合い。

2010年04月03日 03:38

思った以上にシビアなお付き合い……
DominoでなんとかTimidity++を使えてる現状なわけだが、やはり時々使えないときがある。
Domino起動してすぐ、下に「Timidity++を開けませんでした」とかいうエラーメッセージが出る。
この場合Timidity++は使えないわけで、デフォのショボ音源で聞かないといけない。
調整の具合は音源にもよるので、これだと話にならないわけで……

とりあえず大前提としては、
DominoとTimidity++は相性が悪い!!
これを十分知ったうえで、それでも使おうとするわけだ。
なんでDominoで開けないか原因はよく分からんが、今回はMIDI Yokeなるものを導入してみた。
下記サイト参照。
1.http://hanihoni.seesaa.net/article/139060187.html -Domino・Timidity++・サウンドフォント総合解説。繋げるやり方に関してはページ中ほどの「twsyng.exeと仮想MIDIケーブルの利用について」を参照
2.http://haijindiary.seesaa.net/article/44986882.html -MIDI YokeのDL方法。
3.http://punyuoba.blog4.fc2.com/blog-entry-16.html -MIDI Yokeを使ってDominoとTimidity++を繋げるやり方

MIDI YokeのDL・インスコ・再起動まではやったのになぜかデバイスのところに表示されなかったりしたが、何度か再起動すると表示されるようになった。
これでDominoでも安心してTimidity++鳴らせる……と思ったが、
このやり方でTimidity++を鳴らすと、何故かサウンドフォントの設定が無視される……orz
つまり、自分が意図した音で鳴ってない。
おそらく、Timidity++のデフォ音源でなってるんだろうと思う。
どうやらTimidity++はいくつかのソフトの総称?みたいなものらしく、「Timidity++ドライバ」「timw32g.exe」「twsyng.exe」と3つのソフトがインスコされるようだ。
で、上の1のサイトではtwsyng.exeとMIDI Yokeを使う方法が書かれてたわけだが。
こないだのサウンドフォントの設定は、もしかするとtimw32g.exeに対して行われたものじゃないのか……?
という疑惑が浮上。
もしそうだとすると、twsyng.exeのほうでもサウンドフォントの設定を変えないと思い通りの音が鳴ってくれないということになる。
そう思って設定をいじろうとしたんだが、
なぜか設定画面が出てこない……orz
前回サウンドフォントを設定するときにもこの設定画面(前回参考にしたこのサイトの画像)がなかなか出てこなくて手こずったような記憶があるんだが、そのときはなんとか呼び出せたんだよな……
どうやったんだろう……

とまぁ、この辺でDominoに諦めをつけ、MSPに移る。
MSPならTimidity++鳴らしても何の問題もないのでね。
で行ってみると、いきなりMSPが応答なし。
……そりゃ、スカイプを同時起動してたのが悪いかもしれんがな……
DTM系ソフト使うときには同時に使ってるアプリケーションに注意。このパソ子、メモリ4GBなんだけどなぁ。
でもっかいMSP起動してMIDIデバイスの設定に行くと、なぜかデバイスの欄にTimidity++が無い……

……オイ?(^ω^#)ピキ

Timidity++どこ行ったあああぁあ!!

なぜか消えたTimidity++……
同時にDominoのほうのデバイス欄からも姿を消し……
何故……?何故なの……?何故なのy(ry

ここで潔く再起動。
するとあら不思議、Timidity++は涼しい顔して戻ってきてましたとさ。
MSPでもちゃんとこないだ設定したサウンドフォントで鳴ってたし、なぜかDominoのほうもTimidity++が使えるようになってた。
つまり、今回の設定は無駄だったというコトデスカ……?

よーわからんなぁ。。

一つだけハッキリしたのは、
Domino+Timidity++は一筋縄ではいかんということだ。
しかしなんでここまでこだわるかというと、
Dominoが使いやすいから!!!
この一言に尽きる。
ホントに、MIDIの編集はMSPだとやりにくい。ひっじょーにやりにくい。
ノート入力もパラメータ調整も、絶対Dominoのほうがやりやすい。
だからやっぱり、完成時に使う音源で聞きながらDominoで作業したいわけで。
そりゃMIDIファイルに書き出せばMSPで再生できるけど、微調整しただけでMIDIに書き出してMSPで読み込んで再生してってやってたんじゃ埒があかない!
だから皆さんこんなに頑張ってどーにかDominoとTimidity++を繋げようとしてるんすな~。



さて肝心の曲のほうは。
パラメータ調整をしてた。過去形。
弟にも既に、自分が作曲を始めたことは行ってあった。メールで。
なんで3月に帰省した際、この曲聞かせてみたわけだが。
「このままだとくどい」
というありがたきコメントをいただいた。
ので、オケを再編集。
歌詞の関係もあって構成は変える気がないので、オケをなんとかできないかなーという。
難しいネ、オケ……orz

がんばるぜー
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mmlaurant.blog58.fc2.com/tb.php/12-899a95e7
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。