--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンドフォントすげぇ。

2010年03月06日 07:35

前記事でTimidity++に新たなサウンドフォントを入れて使い始めたわけだが、
この音源……パネェ
今の曲で使ってる楽器はピアノ・ドラム・ベース・ピチカート・ストリングス・ハープなわけだが、それらの音全てがこれまでの音源の比じゃない!!
ピチカートが入ったときは鳥肌立った……。
音源が良いと、ベタ打ちでもそれなりに聞こえてしまうというのが恐ろしい。いや編集はきちんとするけども……
ドラムも結構想像通りに鳴ってくれる。
残念なのは笛系。間奏にパンフルートを入れたが、スカスカしすぎてるなと感じたんでフルートに変えてもなんか子供っぽい音がするし、オカリナにするとバックのストリングスと合わない。
笛はあんまり良くないのかも……合わせてる楽器がアレなのかもしれんけども。
余談だけど尺八が尺八すぎて吹いたww


前記事で、DominoでTimidity++を音源として使う場合の注意として
「一番初めからは再生しないこと」
って言ったけど、これによる問題点が一つ。
1小節目の1拍目にはデフォルトでいろんな情報が入ってて、楽器変更の情報もここにある。
でも1拍目を再生しないってことはその情報が読み込まれないわけで、そうなると全部のパートが同じ楽器で演奏されることになる。(だいたいはデフォルトのピアノ)
でもそれじゃ困るわけで。
その対策。
1小節目の1拍目を再生しないんなら、それ以降に「いろんな情報」を送ればいい。
例えば全パート1小節目には何も書かない、2小節目にはデフォルトの情報を入れる、そして3小節目から書き始める、っていう風にすれば解決できる。
これから新しく曲を作る場合はコレでいいと思う。
自分は既に曲を作った後だったんで、ちょっとめんどくさかったけど1小節目より前に時間挿入してどうでもいいとこで時間削除して1回再生して読み込ませて楽器変えた。
幸い前奏はピアノソロだからそこまでめんどいことにはならなかった。
やっぱり打ち込みから編集までDominoでやりたいから、多少手間かかってもその辺の設定はする。
MSPでMIDI編集するほうが手間かかるしww


さて、編集に戻るかな。
ピアノはなんとかなるけどストリングスとかどうしようか……
あと笛考えないと。バイオリンは結構良い音出てたからバイオリンにしてみようか。
しかし笛が好きなんだよ……。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mmlaurant.blog58.fc2.com/tb.php/11-eca32c81
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。